メニュー

リリース RELEASE

ニューノーマルの時代に、プロ野球との新しいつながりを提案する共同プロジェクト 『Yell for Baseball FAN Project』始動

2021年3月24日 17時30分

株式会社フロムワン(本社:東京都中央区、代表取締役社長 道上直人)、スカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社⾧ 米倉英一)、株式会社ニッポン放送(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 檜原麻希)、株式会社スポーツニッポン新聞社(本社:東京都江東区、代表取締役社長 河野俊史)の4社は、プロ野球ファンに向けて「ニューノーマルな時代に相応しいプロ野球との新しいつながり方」を提案していく共同プロジェクト『Yell for Baseball FAN Project』を立ち上げ、2021年3月26日(金)より順次始動してまいります。

新型コロナウイルスの影響は、プロ野球はもとより、スポーツ全体に大きな影響を与えました。試合中止や無観客での開催をはじめ、会場で応援ができないなどの直接的な影響に留まらず、人と人の接点が減っていく中、話題になる機会も減少しました。その結果、スポーツへの興味関心が低下するなど、ファンとスポーツの関係性にも大きく影響しています。このようなスポーツを取り巻く環境の変化は、2021年度も続くことが見込まれます。

日本で最もメジャーなプロスポーツであるプロ野球も、ファン心理の低下が懸念されており、プロ野球ファンとプロ野球とのかかわり方も変わっていくことが予想されます。そのような状況の中で、プロ野球へ熱い想いを共有する企業4社が自分たちでできることで貢献したいと考え、新たな共同プロジェクトを立ち上げます。また、この想い・意義に賛同してくれる企業を、本プロジェクトの協賛社として迎え入れることも目指しています。

当共同プロジェクトの目的は、『プロ野球ファンの皆さまが、プロ野球に興味関心を持ち続け』、さらに『ニューノーマル時代に相応しいプロ野球との新しいつながり方』を提案していくことです。ニューノーマルな観戦スタイルにより、  新たな応援スタイルができていく中でも、以前と同じように歓声と熱狂を感じたい、選手と近い距離で応援したい、そのようなプロ野球ファンへ様々なコンテンツを提供します。
当共同プロジェクトへ参加する各社は、自社の事業フィールドを通じて、プロ野球ファンが、プロ野球の魅力をより身近に感じ、これまでのように注目し続けることをサポートしていくことはもちろん、ファンとプロ野球の結びつきをより強めることができる、プロ野球との新しいつながり方ができる仕組みを用意します。まず本年の取り組みとして、球場で観戦できず選手との距離が遠くなりつつある、プロ野球ファンと、プロ野球の新しいつながり方を目指して、テクノロジーを活用した新しい取り組みを検討しています。

【Yell for Baseball FAN Project】 概要
名  称:Yell for Baseball FAN Project
     オフィシャルHP URL: https://baseballking.jp/yell-for-baseball-fan
参加企業:スカパーJSAT株式会社、株式会社ニッポン放送、株式会社スポーツニッポン新聞社、株式会社フロムワン
始動時期:2021年3月26日(金)~ 

■プロジェクト展開(全体)
※下記については都合により、予告なく変更になる可能性もあります。

・宣言広告(新聞15段)の出稿 ・オフィシャルアカウントからのプロジェクト関連情報の発信
・プロジェクトメンバーによるオンラインイベントの実施(予定)
・プロ野球関係者とファンが一同に会した未来を考えるフォーラムの開催(予定)
・テクノロジーを活用した ファンコミュニケーションの実施
(その他)
・協賛各社によるプロジェクトを活用したプロモーションの実施(予定)


■各社の取り組み
※下記については都合により、予告なく変更になる可能性もあります。

【スカパーJSAT株式会社】
・プロ野球中継内でのプロジェクト紹介
・プロ野球関連番組内でのプロジェクト関連コーナー設置

【株式会社ニッポン放送】
・「ショウアップナイタープレイボール」内でのプロジェクトに関する特集コーナーの実施
・Webサイト、公式Twitterアカウントでの情報発信
・2021年4月25日放送の「ショウアップナイター」をプロジェクト名義で冠提供
・オンラインイベント共催

【株式会社スポーツニッポン新聞社】
・スポーツニッポン本紙内での編集コラム連載
・プロジェクトに関する編集記事掲載
・Webサイト、公式Twitterアカウントでの情報発信
・オンラインイベント共催

【株式会社フロムワン】
・ベースボールキングサイトにYell for baseball FAN Project 特集ページを設置、関連特集の制作、記事掲載
・公式Twitterアカウントでの情報発信
・オンラインイベント共催

TOP